行ってきた

秋川渓谷 瀬音の湯(東京都あきる野市)に行ってきた

東京都あきる野にある「秋川渓谷 瀬音の湯(せおとのゆ)」は、秋川渓谷のすぐそばの温泉。
源泉は十里木・長岳(じゅうりぎ・ながたけ)温泉、成分にはアルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性低温泉)。
食事処、お休み処、マッサージ室、休憩有料個室、お土産コーナー、宿泊コテージ等の付帯設備あり。

2014年3月、家族で温泉に行こうという急な話がでて、どうせ行くならママ友の口コミで絶賛されている温泉にしようということで東京都あきる野市にある「瀬音の湯」行くことになりました。
入間から車で下道を走らすこと1時間。(この日はまったくの渋滞しらずでとてもスムーズに辿りつけました)
東京都とは思えない景観の秋川渓谷に、ひっそりと佇む温泉「瀬音の湯(せおとのゆ)」に到着しました。
走ってきた峠の道から看板に従い曲がると、急勾配の坂を下り、行き止まりまで進みます。あまりにも温泉がある雰囲気でなく不安にかられますが、まっすぐ進みましょう。

駐車場は割りと広いです。

駐車場のすぐ下には川が流れています。渓谷って感じがして雰囲気はとても良いです。

駐車場から温泉の建物までの道の横には宿泊コテージが並んでいます。

そして瀬音の湯の温泉の建物に到着。少ないですが、土産売場もありました。(お弁当も売ってます)

建物は直線の廊下になっているので、迷うことはありません。真ん中あたりに温泉の受付・入口があり、奥にレストランと休憩所があります。休憩所は畳のスペースもありますが、あまり広くはありません。

建物の外には足湯があります。
足をつかるだけでもとても気持ち良いです。

夜も良い感じです。カップルは星空をみながら入ると良い雰囲気に浸れるのではないでしょうか?


温泉施設内はマナーとして写真は撮れないので残念ですが、中のレポートを少々書きます。

  1. 館内に入って廊下を少し進むと温泉の入口に付きます
  2. まずは靴のロッカーに靴をしまいます。このとき100円必要ですが、最後に返却されます。また同じ場所に貴重品用のロッカーも常設されています
  3. 発券機で入浴券を買います。必要に応じてタオルやブラシ等もこちらの発券機でチケットを購入します
  4. 中央受付でチケットを渡します。その際靴のロッカーの鍵と引き換えに、脱衣場のロッカーの鍵を受け取ります
  5. 脱衣場の指定番号のロッカーで着替えます。脱衣場内は少し狭いです
  6. 入って最初にかけ湯がありますので、ざっと汚れを洗い流します
  7. 浴槽は内風呂が1ヶ所、外にも通常の浴槽と水風呂の計2ヶ所あります。それほど広くはありません。外風呂は水温42度でした。あたりまえですが、外風呂の方が若干低め。子供は空も見えるし、少し水温が低いのでこちらの方が気に入っていました
  8. 温泉に入ってまず感じたのは、肌がぬるっとします。これがなかなかの良い感じで、入間から1時間圏内で行ける温泉の中ではトップクラスだと思います
  9. サウナもありますが、こちらも窮屈です
  10. シャワーは自動で止まることがないのは好印象です。数十秒で自動停止するやつは面倒臭い。リンスインシャンプーとボディシャンプーがありました(男風呂)
  11. 脱衣場にはドライヤーが5ヶ所に置かれていました。ブラシはありませんので、受付で買うか、持参されるのが良いでしょう。瓶タイプの飲み物の自販機はこの脱衣場にしかありません。コーヒー牛乳が飲みたいという方は、出る前にここで買っておきましょう
  12. 脱衣場を出て、もう入らないのであれば受付で脱衣場のロッカーの鍵を返却。靴のロッカーの鍵を受け取ります
  13. 休憩所はイスタイプと座敷タイプがあります。休憩所の奥には和食のレストランがあります

少し狭い施設ですが、お湯は最高です。近隣の景観も良いので、観光とあわせてくるもの良いかもしれません。


「秋川渓谷 瀬音の湯(せおとのゆ)」概要
住所 東京都あきる野市乙津565
地図
電話番号 042-595-2614
ホームページ オフィシャルサイト
源泉 十里木・長岳(じゅうりぎ・ながたけ)温泉
成分 アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性低温泉)
営業時間 【営業時間】10:00~22:00(受付は21:00まで)
定休日 無休(3・6・9・12月は第2水曜休)
料金 【大人(中学生以上)】900円
【子供(小学生以上)】450円※幼児無料
※3時間までの料金。以後1時間ごとに延長料金が発生します
※貸切風呂(1時間)1000円(男女混浴不可、別途入館料)
※タオル200円、ボディタオル(あかすり)200円、バスタオル500円、ヘアブラシ100円、カミソリ200円、館内着の貸出しなし
アクセス 【自動車】圏央道 あきる野I.C.から約30分
【電車】西武新宿線「武蔵五日市」駅下車、バス「瀬音の湯経由上養沢」行で約17分(本数が少ないので注意)
駐車場 135台/無料
2015年11月時点での情報です