行ってきた

入間納涼花火大会は8月15日20時より決行されます【無事開催されました】

2017年8月15日(火) は仏子駅、元加治駅の近くの、西武公民館前市民運動場で行われる入間納涼花火大会(概要紹介記事はこちら)の日。
盆踊りと燈籠流しは18時、花火は20:00~20:30の予定で約1200発打ち上げられます。

8月15日に無事に花火打ち上げられました。
8月15日 15:30に入間市観光協会のFACEBOOKにて本日8月15日に花火開催が決定されました。17:10時点で変更ありません。
花火20:00から開始、灯籠流しと盆踊りは18:00開始、露店も予定通り出店中。
ただし足元が悪いです(土の上ですから)。
雨もやむ気配がいまのところないので、雨対策もおこたらずにしましょう。
また、河川の増水、激流には十分ご注意の上、お子さんは川には近づかないようにしてください。

最新情報は西武公民館のFACEBOOKにて確認の上、お出かけください。
※当サイトでは開催の可否の情報掲載について、責任は一切負えませんのでご了承ください。

気になる天候ですが、8月15日の11時時点では大粒の雨が降っています。
小雨の場合は実施されますが、荒天の場合は翌日8月16日(水)に延期となります。
8月16日に開催できない場合は中止となります。
仮に開催されたとしても、昨晩から降り続いている状況で、地面は相当な雨が貯まっていることが予想されるので、シートを敷いてもけっこうな泥まみれになる可能性が高いです。
浴衣でこられる方は足元の泥はねも含め、汚れる覚悟が相当必要かと思います。
順延の決定については、入間市観光協会のウェブサイト(http://iruma-kanko.jp/)ならびに観光協会のFACEBOOKにて、当日17時頃に決定の上、発表されます。
現地天気予報<ウェザーニュース>

8月15日 17:00時点の天気予報

8月15日20時 雨、降水量2ミリ、気温22℃(16時~翌日16時まですべて雨の予報)、雷注意報(隣の狭山市は大雨警報、洪水注意報発令中)

雨の中、閑散とした花火大会

雨の中、花火を観に西武公民館前のグランドに出かけました。
開始数分前に到着。
いつもは行列ができている露店も多くて数人、並ばないで買えるお店が多かったです。
雨が降っていたので、傘をさしながらの鑑賞。
さすがにブルーシートを敷いて鑑賞という人はいませんでした。
小学生は少な目、中学生はけっこういたように感じました。
来年は星空のもとで花火鑑賞したいところです。

一般的に花火が中止になる条件

一般的な花火大会は単なる雨では中止になることは少ないです。
中止になる条件として法的には次のような場合は即刻中止となります。
地上風速7メートル以上の強風が10分間以上継続して吹いている場合。
花火の打ち上げ場所を含む地域に「大雨警報」「洪水警報」が発令されている場合、もしくは「雷注意報」「大雨注意報」が発令されている場合は状況によって安全性が認められない場合。
打ち上げ自体は、花火は筒でおおわれていて、着火も電子的に行うので濡れていても打ち上げには全く支障がありません。
以上の理由から、入間市納涼花火大会が雨が降っていても決行できる理由です。
ただし強い風が頻繁に吹く状況では危険が生じるため、途中で中止になる場合があります。
また雨雲は意外と低い位置にあり、それよりも上で開く花火は打ち上げられても雲よりも高い位置で花火が開くので見えないなど鑑賞に支障が生じる場合があります。

それ以外にも開催にはたくさんのお金や人がかかっているので、延期や中止は避けたいので、少々の悪天候なら強行したいというのが本音でしょうね。