行ってきた

ポップサーカス 埼玉公演を観にモラージュ菖蒲へ行ってきた


2018年2月11日にポップサーカスの埼玉公演を観にモラージュ菖蒲へ行ってきました。
モラージュ菖蒲は埼玉県久喜市にある大型ショッピングモール。
2008年11月28日に開業したモラージュ菖蒲は埼玉県内で2番目の広さを誇るショッピングモール。
埼玉県初出店となる映画館の109シネマズをはじめ約250店舗が入っていて、さらに隣接してフォレオ菖蒲というケーズデンキをはじめとしたテナントが入っているショッピングモールもあり、一日中楽しめる商用施設。
そこの駐車場の一角の敷地を使って仮設で建てられたテントでサーカスが行われる。
しかも指定席で大人3300円、子供2000円とサーカスにしては安い価格。
車で1時間程度で行けるところということもあり、ネットでチケットを予約して20年以上ぶりとなるサーカス鑑賞です。

モラージュ菖蒲はとにかく広い。
2時間前に到着すると、奥様はすぐさまショッピングへ。小学生の子供もおもちゃやと本屋に各々で自由行動。
私も色々とお店をみてまわっているとあっという間に開場10分前。
サーカス会場へ向かいました。


ネットで購入した場合、購入履歴で表示されるQRコードを入場券販売窓口横の自動発券機にかざして、紙のチケットを発券します。
そして入場ゲートをくぐると、そこに現れたいかにもサーカスのテントという光景に、小学生時代に親に連れていってもらったサーカスの記憶が微かによみがえり、とても懐かしさを感じました。

テント入口横には軽食とオリジナルグッズ等が販売されています。

テント内は写真撮影が最後を除き禁止なので撮影という撮影ができませんでしたが、思った以上にこじんまりしている感じがしました。
場内は冷暖房が完備されていて、外は寒かったですが、中は暖かく、とても快適に鑑賞することができます。
ポップサーカスは日本三大サーカスの一つとされていて、500万人以上の観客を動員しています。

ショーが始まる前に二人のピエロが観客いじりをして、笑いを呼びつつ、場内の雰囲気を一つにまとめていきます。
センター通路沿いの人がいじられていました。
サーカスの公演内容は大型の動物やバイクといった派手さはないですが、空中ブランコや力技やバランス技など、人が織りなす曲芸に終始魅了されます。
ときたま失敗してしまうこともありますが、ポップサーカスの緩い雰囲気のせいかたいして気になりません。

途中休憩をはさみ約2時間。
子供たちもなんだかんだで魅了されていました。

他のサーカスも観てみたくなる、そんなサーカスの魅力にみせられた一日でした。