気になるコト

公立の小学生と中学生に悲報!夏休みを減らす学校が増加中!!

公立の小学校と中学校で夏休みの日数が減少している傾向にあることをご存知だろうか?
朝日新聞社が都道府県庁所在地市区と政令指定市の計52の教育委員会に尋ねたところ、6つの教委が2016年度から2018年度に規則で夏休み期間を短くし、4つの教委が2019年度から短くすることを決めていたという。
要因として2つのことが挙げられている。

授業量の増加

一つの理由として、学習指導要領の改訂で教える内容が増え、授業時間が現状の時間では不足してしまうからだ。
小中学校の学習指導要領は2008年の改訂時に授業時数が約40年ぶりに増えたのを皮切りに、2017年にも指導要領が改訂され、小学校だと英語の授業が必須科目となる等して、授業時間が増大する一因にもなっている。
一日で行える授業時間は限られているのだから、祝日ではない大型連休の夏休みを削るのが自然と言えよう。

教室へのエアコン普及

そもそも夏休みは空調設備のない教室で、蒸し暑い中授業させるよりも自宅で学習させることが大きな目的だった。
それが、ここにきて異常なほどの気温上昇により冷房を導入する学校が増加。2018年9月時点で全国の小中学校の普通教室でのエアコン設置率は58%にのぼる。
真夏でも快適に授業を受けられる環境が整いつつある。
となれば、「暑い」を理由とした夏休みの大義名分がなくなってしまう。

寒冷地では逆行

寒冷地の大型連休といえば、夏休みが短く、冬が長いというのが通説。
しかしここにきて、東北地方や北海道といった夏でも比較的すごしやすい気候だったところでも、下手をすれば沖縄よりも気温が高いなんて日もあるくらい猛暑日が続く。
それは大型連休にも影響を及ぼし、一部では長い冬休みを削り、夏休みにくっつけて長くする学校もあらわれている。
40℃超えが珍しくなくなった昨今、色々な面で学校の夏休みが変わってきている。