買った

うるひこ氏の漫画『ラブコメ・オブ・ザ・デッド』買った

買物メモ

うるひこ氏が描くスプラッタ映画好き美人OLと恋愛映画好きイケメン大学生のラブコメ漫画『ラブコメ・オブ・ザ・デッド』をアマゾンアウトレットで購入、届きました。

商品名:うるひこ『ラブコメ・オブ・ザ・デッド』
買った日(届いた日):2019年10月5日
買った店:Amazon.co.jp
購入価格:255円

商品内容 ※Amazon.co.jpより引用
私の恋愛の先生になってください!
見た目はリア充なOL・ゆかりは、スプラッタ映画が大好き。
ずっと秘密にしていたのに、隣に引っ越して来たイケメン大学生・テルにうっかりバレてしまう。
しかし、そんな彼も実は胸きゅん展開が好きなラブコメマニアだった。
「いつか好きな人とスプラッタ映画を見たい」と夢見るゆかりは、テルに恋愛指南をお願いするが!?

出版社: フロンティアワークス (2018/1/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4866570903
ISBN-13: 978-4866570907
発売日: 2018/1/15
梱包サイズ: 18.4 x 12.8 x 1.6 cm

評価4
ひとこと感想

ラブコメ・オブ・ザ・デッドの作者のうるひこ氏の他のコミックで『あおいさんは16歳年下』(レビュー記事はこちら)を読んで、作者のファンになったので、本作も購入することになりました。表は華やか、裏はオタクという設定の漫画はありふれているので、本作も先が読める展開ではありました。
それでも同じ趣味をもった恋人同士というのは羨ましいです。結婚して歳をとって子供も大きくなってくると、一緒にでかけたりすることもあまりなくなり、妻とは趣味がインとアウトでまったく正反対なので、会話は普通にあるけれど、同じ趣味の話題で盛り上がることはほぼ皆無。そう考えると、現実的には難しいけれど趣味が一緒というのは長い目でみたときには、趣味の一致というのは重要なお付き合いポイントなのだと思う。結婚を決める理由ってそれだけじゃないですけど。
そんな個人的境遇と照らし合わせて、夢のようなカップル像を楽しめました。