admoku

日常生活で気になったモノとコトのまとめ雑記帳

Zaifが仮想通貨67億円流出!直後の急降下そして急上昇と久々の乱気流相場





2018年9月20日に仮想通貨交換会社のテックビューロが手がける「Zaif」から不正アクセスによって仮想通貨67億円相当が流出・盗難にあったと発表した。
入出金用のホットウォレットを管理するサーバーが14日午後5時から午後7時ごろまでの間に外部からの不正アクセスにより、想通貨「ビットコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の3種類が外部に不正送金された。
顧客資産の財源確保のため、テックビューロはフィスコとカイカの2社と支援契約を20日に締結。
50億円の金融支援、テックビューロの株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役と監査役の派遣を軸に基本契約を結んだ。




嫌気をさした売りと、ここぞとばかりに拾う者とで相場は荒れ模様

1月のコインチェックの580億円相当の流出から1年立たずに起きた67億円もの仮想通貨盗難事件。
コインチェックの時のように売れなくなる、下がり続けることを警戒・嫌気がさしたのか、仮想通貨相場は一時急降下した。
しかし、虎視眈々と急降下を狙うものもいる。

ネムは1XEMあたり9.164円まで下落するも、半日で9.738円まで値を戻した。

流出されたとされるモナコインは86.3円まで大幅に下落するも、101円まで急回復。

リップルにいたっては、下がるどころか20%近い上昇の40.9円まで上昇をみせた。

Zaifは業務改善命令が何度でても改善の気配がみえなかったので、危ないかもとは思っていたが、コインチェックの次に使いやすかったので使っていたけれど、さすがにもう縁切りします。
とりあえず、ネムもモナコインも売却できて、出金指示もできたので一安心。いつお金が戻ってくるかは不明ですが。
さて、ネムをどこの取引所で買い戻すかな。それとも仮想通貨から完全撤退するか、考えどころです。




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly