admoku

日常生活で気になったモノとコトのまとめ雑記帳

こんにゃくパークで体験と食べ放題で満喫してきた





群馬県(群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1)にあるこんにゃくパークに行ってきました。




こんにゃくの製造工場見学


こんにゃくパークは名前の通りこんにゃくの製造工場です。
株式会社 ヨコオデイリーフーズが運営しています。
年間入場者数は100万人を超えるというから驚きです。ここから車で15分ほどで行ける富岡製糸場の影響もあるのかもしれませんけどね。
建物内ではこんにゃくの生産現場が見下ろすかたちで見学ができます。
見学時間は勝手に入って勝手に出れるので、どれほど興味を示すかで変わってきますが、私の場合は10分程度で一通り見学できました。

行列ができるこんにゃくバイキング


ここにくる人のほとんどの方の目的はなんといってもこの「こんにゃくバイキング」。
普通のこんにゃくに味噌を付けてたべると絶品。しかし、ここではこれこんやくなの?というような料理が多くあります。
たとえば、うどんやラーメン、焼きそばも一見ふつうの麺に見えますが、これ実はすべてこんにゃくなんですね。
口に入れるとツルツルする違和感。
見た目は麺でも歯ごたえはこんにゃくそのもの。
私の一押しは揚げたこんにゃく。タコのような食感というウリ文句でしたが、たしかにコリッとした歯ごたえが癖になりそう。
なんだかんだで、一番すごい事は、これら全て無料なんですよね。
宣伝とみやげ品としてこんにゃく関連商品をたくさん買ってもらうための販促なんでしょうが太っ腹です。
ピーク時は1時間以上待ちの行列ができるそうです。
私はこんにゃくづくり体験を行ったので、体験終了後に待たずに入れました。

埼玉西武ライオンズのスポンサー

埼玉西武ライオンズのスポンサーで、選手の帽子にロゴが入っているのをみるたびに気になっていたので今回きました。
しかしあれだけ目立つスポンサー契約というとけっこうな金額になりそうな気がします。
売上高は85億円(平成28年5月)、埼玉西武ライオンズのスポンサーになり、これだけの施設を作って、無料のバイキングを提供しても利益がでるって、どういう売上構造なのでしょうか?とても気になります。




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

公式サイトで読めるおすすめ無料漫画

無料で読めるおすすめの漫画をご紹介。公式サイトで読めるものばかりなのでもちろん合法マンガ。ZIPファイルではなくオンライン限定ですが、男性コミック、女性コミック、ラノベ等ご紹介しています。